風俗店員って過酷?キツイ?

grshsj
風俗のお仕事、というと風俗嬢のお仕事の方を想像してしまいがちですが風俗のお仕事というのは風俗嬢だけではなく裏方のスタッフのお仕事もあるんです。
いわゆる、風俗のキャストではなく風俗店員の方なのですがこちらは男性スタッフのほうがおおいんですね。
一般的に、風俗のキャストはというと短時間で高給取りになることが出来る歩合制のお仕事ではありますが、風俗店員のお仕事って裏方だしキツくて過酷なんじゃないかというイメージがあるのではないでしょうか。

風俗店員の仕事のイメージ

やはり、前時代的な風俗のお仕事の斡旋イメージは裏のお仕事というかヤクザ的なイメージがあるんですね。
だから、それもあって風俗店員のお仕事をするというのはかなりきつくて過酷なお仕事というようなイメージもあるんですね。
しかも、仕事の内容は拘束時間が長そうだしWEBのホームページ更新などをしなくてはいけないからパソコンが出来ないと仕事がつとまらなさそうだとか、毎日激務で体を休める暇がなさそうだというふうに思う人もいるんですね。
ほかにも、営業成績でのプレッシャーがあるのではないかというような不安もあるでしょう。
やはり、風俗店員のお仕事というのはどうしてもきつそうなイメージが抜けないのが現状ですね。

風俗店員の仕事の実情

イメージが悪い、つらそうというのはわかったかと思いますが実際の風俗店員のお仕事は本当にしんどいのか、というようなことですが裏方のお仕事なので確かに大変なお仕事ではあります。
しかし、だからと言って超激務なお仕事でブラック企業なのかというようなことかというとそうではありません。
確かに、拘束時間は長いですし仕事の内容は比較的多くなっていますのでやはり、激務であることはそうなのですがその代わり風俗店員のお仕事、というのはかなり給料もいいのでお給料に見合っただけのお仕事というような形になっているんですね。
例えば、サラリーマンのお仕事や営業のお仕事というような物なんかはブラック起業だとサービス残業当たり前、早朝出勤深夜退勤、酷い時は泊まり込みというようなお仕事もあるし、しかもそれだけ残業をしてもお給料の上乗せがあるわけでもない、というようなことがあるんですね。
それを考えれば、寧ろ風俗店員はその大変な労働に見合った報酬があるという風に考えれば、ブラック起業とは真逆というようなことも言えるのではないでしょうか。

風俗店員のお仕事はキツいのか?

キツイはキツイです、実際労働時間は長いですし仕事の内容はやることが多いですし、必要なことなんかも多いのでどうしても大変なことはとても多いんですね。
なので、実情を考えると確かに仕事の内容的には大変だと言えるでしょう。
しかし、キツイお仕事の分ちゃんと見返りはありますし労働基準法を越えたようなそれこそ体調などに関わって来るような部分で無理をさせるということはありません。
なので、あくまでもちゃんと法律の範囲内での労働という面では寧ろその辺の中小企業のお仕事に比べると大変さというか苛酷さは薄れると言ってもいいでしょう。

頑張ればがんばった分だけの見返り

風俗店員のお仕事は、確かに厳しい部分もありますし正直楽なお仕事とは言えないでしょう。
しかし、その分お給料が高く保証もちゃんとしているし、何より風俗嬢の綺麗な子たちと関わりながらのお仕事というのは男としては嬉しい部分もありますし、将来経営に関わることも出来るなどメソットがしっかりしています。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

△PAGE TOP