風俗店員の拘束時間について

風俗店員のお仕事は辛くて大変そう、というイメージは実際に結構ありますし風俗店員のお仕事の実情を考えると楽な仕事ではないことは確かです。
しかし、この世に労働をするということにあたって大変ではないことの方が少ないというのが現実です。
風俗店員は大変な分、見返りもありますのでやり甲斐はあるのですが風俗店員はどこが大変なのかということを紹介しましょう。

風俗店員の拘束時間について

つまりは、風俗店員のお仕事をやる上で関わって来る労働時間ですね。
風俗嬢のお仕事は自由出勤制のところが多いのですが風俗店員のスタッフのお仕事はおよそ1日12時間から16時間労働とかなり長い時間お仕事をしなくてはいけない、という実情になってイます。
およそ、10時間勤務で2時間休憩という形をとっているところが多いですね。

どんな形態でお仕事をするのか

風俗店の営業時間や、営業形態にもよるのですが朝から夕方のお仕事と昼から深夜のお仕事という風に勤務時間の2交代制をとっているところが多いですね。
早番だと朝の6時半くらいから夜の18時半、遅番だと14時から26時ころまでの勤務時間ということになっている事が多いですね。
風俗のお仕事はお客さんが深夜まで来る事もありますし、お客さん次第ということもありますので勤務時間はどうしても長くなってしまいます。

働きっぱなしでこの時間なのか

12時間というと半日働きっぱなしなのか、というイメージがありますがそうではありません。
お客さんが来ていない時間なんかは当然暇になることもありますのでその際には体を休めたりこまめに休憩を入れたりする事が出来るので、適度に休憩を取れるという意味ではそこまで激務ではないですね。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP