風俗店員の仕事はブラック企業なのか

風俗店員のお仕事は、ずばりきつくて大変でブラック企業なのかという事がやはり心配な人も居るでしょう。
昨今では、本当に色んな所の実情が露わになり、あんなところまでブラック企業だったということも少なくはありません。
厳しいことの多い風俗店員の業界もやはりブラック企業なのは、そんな心配をする人のために解説をしていきましょう。

風俗店員はキツイがブラックではない

確かに、風俗店員のお仕事は朝が早い時もあるし労働時間も12時間近くとかなり長いです。
そして、常に実績や数字を求められるということもあり手を抜くことの出来ない職場であることは間違いありません。
しかし、だからといってそれがブラック企業なのかというと決してそんなことはありません。

風俗店員はキツイ分チャンスがある

ブラック企業というのは労働が大変なのに給料などが見合ったものがもらえないし、労働基準法などの法律を無視させ過酷な労働を強いるという事を言います。
しかし、風俗店員のスタッフは労働時間はちゃんと労働基準法違反をしないうちに収まっていますし、毎月休みも規定に取ることが出来るようになっています。
更に、成績次第ではボーナスが発生するなど正当なチャンスが与えられるという意味では、決してブラックではないどころか寧ろ頑張りの意義が与えられている職場なのです。

新しい業界に挑戦してみよう

風俗店員のお仕事、というのは謂わば大変な分やり甲斐とそのお仕事の意義を見つけ出す事のできるお仕事、という性質を持っているのです。
ちゃんと、どんな人でも伸ばすことの出来るメソッドがあるというのが実際の風俗店員のスタッフのお仕事の実情です。
現状に満足できていないという人には向いているかもしれません。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP